東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の事業用地・工場用地・倉庫用地・商業用地

メールでのお問い合わせお問い合わせフォーム
お問い合わせ

東京店03-5572-7888
神奈川店042-759-5801

買いたい売事業用地

建物目的の事業用地・工場用地・倉庫用地・商業用地から建物を目的としない車両・資材置場用地などを取扱っています。

売事業用地

売事業用地

公開物件・取扱物件数
地域 公開物件 取扱物件
東京都 101 371
神奈川県 88 171
埼玉県 125 202
千葉県 42 57
合計 356 801

ホームページに掲載されている物件以外にも多数取り扱い物件があります。
担当の営業スタッフが、豊富な物件情報の中から業種・用途に応じた最適な物件をご提案いたします。

非公開物件に関するお問い合わせはこちらから

非公開物件のお問い合わせ

新着オススメ物件

三輪野山 流鉄流山線[流山駅]の売事業用地物件の詳細はこちら売事業用地

三輪野山 流鉄流山線[流山駅]の売事業用地物件の詳細はこちら

流山市 三輪野山
[流山駅]
539.63㎡ (163.22坪)

63,800,000円

椿森 JR総武本線[千葉駅]の売事業用地物件の詳細はこちら売事業用地

椿森 JR総武本線[千葉駅]の売事業用地物件の詳細はこちら

千葉市中央区 椿森
[千葉駅]
103.70㎡ (31.36坪)

28,000,000円

野火止 JR武蔵野線[新座駅]の売事業用地物件の詳細はこちら売事業用地

野火止 JR武蔵野線[新座駅]の売事業用地物件の詳細はこちら

新座市 野火止
[新座駅]
898.87㎡ (271.89坪)

348,000,000円

ひばりが丘 相鉄本線[さがみ野駅]の売事業用地物件の詳細はこちら売事業用地

ひばりが丘 相鉄本線[さがみ野駅]の売事業用地物件の詳細はこちら

座間市 ひばりが丘
[さがみ野駅]
165.29㎡ (50.00坪)

30,000,000円

都道府県地価調査発表

国土交通省は9月19日、平成29年都道府県地価調査(7月1日時点)を発表しました。
ホームページ「標準地・基準地検索システム」より、地価公示とあわせて確認が出来ます。

【平成29年地価調査結果の概要】
住宅地
 東京圏の平均変動率は4年連続して小幅な上昇となっています。
商業地
 東京圏の平均変動率は5年連続の上昇となり、上昇幅も昨年より拡大しています。
工業地
 東京圏の平均変動率は5年連続の上昇となっています。

「地価LOOKレポート」より

「地価LOOKレポート」とは、
国土交通省が全国主要都市の高度利用地等を対象に、四半期毎の地価動向を調査し、先行的な地価動向を明らかにするものです。
調査対象は全国100地区として、前回調査との比較を行なっています。

8月公表の17年第2四半期版より
全体として緩やかな上昇基調が継続しています。
名古屋、大阪に加え、地方都市である札幌、仙台、福岡では比較的高い上昇が継続しています。
上昇の主な要因
 空室率の低下等オフィス市況は好調
 大規模な再開発事業の進捗
 訪日観光客による消費・宿泊需要
  前期から引き続き上記要因を背景に、オフィス・店舗・ホテル等に対する投資が引き続き堅調に推移しています。
東京・神奈川・埼玉・千葉についても、すべての地区で上昇か横ばいとなっています。
東京圏の1地区(新宿区・商業地)で上昇幅が縮小しました。

既存建物の解体

既存建物付現況渡しでの売買条件の場合、新たに建物を建築するには既存建物の解体が必要となります。
解体費用・期間については、既存建物の構造・規模、解体後の造成内容、アスベストの有無等により大きく異なります。
解体工事を着工する7日前までに建設リサイクル法による届出が必要です。
解体工事の事前周知が必要な自治体があります。事前周知設置期限は自治体により異なります。
建物解体後は、1ヵ月以内に滅失登記を行わなければなりません。
解体業者より取毀し証明書・印鑑証明書・資格証明書・マニフェスト(産業廃棄物管理票)のE票のコピーをもらいます。
建物の滅失登記完了後、「登記完了証」が交付されます。

立和コーポレーションでは解体業者・建築会社のご紹介も可能です。

売買事業用地をさがす際のポイントー地形について

 平面的な土地の形状だけではなく、傾斜や起伏も含めて「地形」と表現することが多いです。
 平坦で正方形にちかいと「整形」、いびつな形であれば「不整形」と呼ばれ、同じ面積でも地価に差が出できます。
 傾斜地のことを「法面(のりめん)」・「法地(のりち)」と呼ぶことがあります。
 (切土や盛土などの宅地造成によって出来る人工的な斜面のことを指しますが、自然地形のことも含めて呼ぶケースもあります。)
 傾斜地があると実際に使用収益できる土地面積が狭まるため確認が必要です。

キーワード検索を便利に使う!

各物件詳細情報に、適した利用に応じて「工場用地」「ビル用地」等とコメントを入れています。
目安ですが、是非参考にしてください。
 工場用地=周辺に工場があるエリア、前利用方法が工場、用途地域(準工業地域・工業地域・工業地域等)を目安に表記。
 倉庫用地=周辺に倉庫があるエリア、前利用方法が倉庫、用途地域を目安に表記。
 ビル用地=周辺がビル群、用途地域を目安に表記。
 商業用地=周辺に商業施設があるエリア、ロードサイド、用途地域を目安に表記。

 「○○市 売地 工場用地」と入力し検索すると、「○○市の売買工場用地の一覧ページ」になります。

防火地域について

【防火地域】
建物は原則として耐火建築物、一般的には鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造などの建築物にしなければなりません。
ただし、地階を含む階数が2以下で、かつ延面積が100㎡以下の建築物は準耐火建築物とすることができます。
また、防火地域の制限が適用除外のケースもあります。
 事例
  事業用地(工場用地)を購入後、軽量鉄骨造で事業所建築を計画していました。
  しかし、防火地域に該当する事業用地にて建築のプランニングを行なったところ、建築費が予算を大きくオーバーしたケースがありました。
  軽量鉄骨造での建築計画の場合、防火地域だと建築費用が大きく差が出ます。

【準防火地域】
規制内容は防火地域よりも緩やかで、地階を除く階数が4以上、または延面積が1,500㎡を超える建築物は耐火建築物にしなければなりません。
延面積が500㎡以下なら一般的な木造2階建てのほか、一定の基準に適合する木造3階建ても建てることが出来ます。

【法22条区域(屋根不燃化区域)】
建築基準法第22条によって規定されています。
建築物の屋根や、木造建築物の外壁で延焼のおそれのある部分の構造などについて、一定の基準が定められています。
特定行政庁が指定する区域です。

建築物の高さ制限

【建築物の絶対高さの制限】
第1種低層住居専用地域または第2種低層住居専用地域に適用され、建築物の高さは原則として10mまたは12mのうち都市計画で定められた高さを超えてはならないこととされています。
※緩和要件あります。

【道路斜線制限】
道路境界線を基準とする道路斜線制限は、前面道路の反対側の境界線から一定距離(適用距離)以下の範囲内において制限されます。
※道路斜線制限の起点は、前面道路の反対側の境界線から、当該建築物の後退距離だけ外側の線とされます。
※すべての用途地域に適用されます。

【隣地境界線からの高さの制限】
建築物の各部分の高さは、道路以外の隣地との間の境界線(隣地境界線)までの水平距離を一定倍した数値に、20mまたは31mを加えた数値以下にする必要があります。
※各中高層住居専用地域と各住居地域が20mです。
※20mまたは31mを超える部分が隣地境界線から後退している場合には、壁面と隣地境界線との距離だけ境界線が隣地側にあるものとみなして制限されます。
 その他「1.25緩和」「2道路緩和」「水面緩和」「高低差緩和」があります。
※すべての用途地域に適用されます。

【北側隣地境界線からの高さの制限】
各低層住居専用地域と各中高層住居専用地域では、北側隣地境界線からの制限をうけます。

【日影による中高層の建築物の高さの制限】
日影規制とは、建築される中高層建築物によって冬至日に一定時間以上日影となる部分を、敷地境界線から一定の範囲内におさめる規制をいいます。
※地方公共団体が条例で指定する区域が対象区域となります。
※商業地域・工業地域・工業専用地域は対象外区域です。
 (高さが10mを超え、かつ、冬至日において日影規制の対象区域内に日影を及ぼす場合は、規制の対象となります。)

土地の譲渡代金は、消費税については非課税です。

土地の貸付や譲渡は、消費税の課税対象とならないとされています。
建物の譲渡代金には課税されます。

立和コーポレーションでは

「ものづくり・研究・物流」利用の工場用地・倉庫用地、「オフィス・店舗」利用のビル用地・商業用地や店舗用地、
「モータープール・資材保管」利用の駐車場用地・資材置場用地を、お客様のご要望に沿ってご提案します。
特に売買物件はWEB掲載の物件が全てではありませんので、是非お気軽にご要望を営業スタッフにお伝えください。

売地「工場用地・倉庫用地・商業用地・事業用地」の特集ページ

立和コーポレーションでは、東京都・神奈川県・埼玉・千葉の売地「工場用地・倉庫用地・商業用地・事業用地」の特集ページを公開しています。
東京都の売地「工場用地・倉庫用地・商業用地・事業用地」特集ページはこちらからご覧ください。
神奈川県の売地「工場用地・倉庫用地・商業用地・事業用地」特集ページはこちらからご覧ください。
埼玉県の売地「工場用地・倉庫用地・商業用地・事業用地」特集ページはこちらからご覧ください。
千葉県の売地「工場用地・倉庫用地・商業用地・事業用地」特集ページはこちらからご覧ください。

新着お知らせ

一覧へ

もっとみる

各拠点・お問い合わせ先

立和コーポレーションは、首都圏の事業用不動産流通に特化した会社として1998年に設立しました。
お客様に安心してお取引いただける企業でありたいと思っています。
首都圏の事業用不動産流通においてNo.1のお客様評価をいただける企業になることを目指します。

東京店

03-5572-7888

〒107-0052
東京都港区赤坂4-7-6-3F

MAP

東京店外観

賃貸・売買 東京神奈川埼玉千葉
管理 東京23区・埼玉・千葉

神奈川店

042-759-5801

〒252-0233
神奈川県相模原市中央区鹿沼台1-3-17

MAP

神奈川店外観

賃貸・売買 東京神奈川埼玉千葉
管理 神奈川・多摩エリア

営業時間

東京店神奈川店AM9:00~PM6:00定休日:日曜・祝日

お問合わせ先につきましては、お客様の利便性の良い方をお選び下さい。
お問合わせ先案内の「お問合わせナビ」をご利用いただくと、よりスムーズになります。